You are what you eat 食は人なり

副腎疲労 低血糖症を自力で治す

感じ悪い病院

低血糖症の治療について

治療を行っている病院をネットで調べ

都心で女医がやっている病院に行きました。

 

一等地に高級そうな綺麗な病院。

院内は患者は誰もいません。

予約制ってこともあるかも知れませんが、

実は予約した時間に間に合わず、

1時間遅刻し、

日にちを改めた方がいいか電話しましたが、大丈夫とのこと。

 

この手の病院はどこも混雑してるのに・・・

嫌な予感は的中しました。

 

予約の時、

自費診察か保険診察か聞かれ、

治療を受けるかも決めてないのに

自費の初診料(一万円)払いたくない

と思い、

保険でと予約を取りました。

 

診察室に呼ばれ、

女医は

さきほど書いた問診をちらっと見ると

 

低血糖症なんか、とっくに越えて副腎疲労ね!

今若年更年期の人も多いからプレ更年期も始まってるわね!

保険診療じゃ無理よ!

と強い口調で話し、勝手に色々話しだしました。

 

「自費の診療はどんなことをするのですか?」

一言聞いたら

 

「それは自費の初診料を払ったら、」

「あなただけに特別は出来ないの、

私は自費で払った人達の為にフェアでいたいの、」

 

時計をちらっと見て

「もう自費の分くらい話してるんですけど!」

 

なんか・・もう結構です・・・。

あなたが更年期なんじゃ・・。

 

一万円を払わないことに、

どんなに腹が立ったのか知らないが、

事前に症状を記入してメールで予約したのに、

自費か保険か選ばせたのはそっちだろ・・。

だったら初めから自費のみでやればいいのに。

 

検査も何もしないで色々決めつけ、

治療内容を説明するのも嫌って・・。

 

呆れて保険での初診料1080円を恵んでやり、帰りました。